うつ病は入院で解消できる【症状が悪化する前に相談】

婦人
  1. ホーム
  2. 專門院を選ぼう

專門院を選ぼう

男の人

長引かないようにする

うつ病の症状によっては入院を余儀なくされることもあります。例えば、うつ病によって幻覚症状が起き、日常生活に支障が出たり、家族に迷惑を掛けてしまったりする場合などです。特に大変なのは自傷行為がある場合などです。これは家族がずっと監視しているわけにもいかないため、それなら入院してしまった方が安心できることもあります。いずれにしてもどんな理由であれ、主治医の判断に任せるようにしましょう。ただし、専門院への入院がお勧めです。別の治療で入院している人と一緒になってしまうと、うつ病が悪化してしまうこともあるからです。そもそも、うつ病はかなりデリケートな人が発症しやすくなっており、ちょっとした変化でも症状が悪化してしまうこともあります。その点、專門院なら、うつ病患者の特徴もしっかり把握しているので、安心して入院生活を送ることができるはずです。もちろん、入院するからにはきちんと改善できるようにしなくてはなりません。退院まで時間がかかることもあるため、長期にならないように実績のある病院を見つけましょう。長引いてしまうと、当然、費用がかかります。例えば、一時的に症状が重くなってしまい、入院を余儀なくされてしまった場合などは、症状が軽くなれば退院できます。この期間が一週間程度なら、一般的なケガや病気での入院費用と大差ありません。ある程度の予算を組むことができるでしょう。一方、合う薬がなかなか見つからなかったり、別の持病があったりすると、症状が改善されるには時間がかかることもあります。このような患者は長期に渡ることも考えられるので、保険なども考えた上で予算を組みましょう。少しでも改善されたら一時退院ができるなど、いろいろと工夫をしてもらうのもいいかもしれません。特に大変なのは、自傷行為や自殺行為をしてしまう患者です。症状が改善しにくく、一時退院もできなくなってしまうことがあります。病室も個室で常に監視されるような状態ではないといけないため、多少の費用はかかることが予測できます。主治医とよく相談して決めましょう。