煩わしいストレスから離れて心身を癒す【うつ病が悪化する前に相談】

婦人
  1. ホーム
  2. 規則正しい生活を送れます

規則正しい生活を送れます

ハート

一時的に環境を変えてみる

うつ病は気分が落ち込みやすくなったり、テレビや本、レジャーなどの娯楽への関心が薄くなったりし、部屋に閉じこもりがちになることもあります。現代は通院による治療が可能ですが、自宅で休養をしているだけでは、ストレスを受けやすかったり、気分が優れない状態が続いたりして治療が長引く可能性があります。家事や仕事に支障が出たり、外出が出来なくなったりするなどの重度のうつ病の場合は、入院による治療が有効です。精神神経科の病院に入院をするのに抵抗を感じている人もありますが、明るい雰囲気の病院が増えており、一時的に環境を変えることで、煩わしい人間関係から離れることができたり、ストレスを軽減したりする効果があります。自宅で休養をしている人は、生活が不規則になりがちですが、入院をすると起床や就寝の時間、食事の時間などが決まっているので、規則正しい生活を身に付けたい人にもお勧めです。精神神経科の病院では、信頼できる医師や看護師も在籍をしているので、不安や悩みを相談しやすく気持ちが楽になる人も多いです。比較的症状が軽い場合は、通院による治療のほうが良いですが、精神的に辛い状態が続いており、食欲不振や不眠などが見られる場合は、医師に相談してみると良いでしょう。地元で評判の高い精神神経科の病院では、投薬による治療だけでなく、音楽療法や作業療法、認知行動療法などの治療も受けられます。少し症状が良くなってくると、外出をしたくなったり、本やテレビなどにも興味を示したりするようになります。女性の場合はうつ病に罹ると、お洒落に関心が無くなり、お化粧をしなくなることがありますが、少し良くなってくるとメイクをしたり、服装にも気を遣うようになります。うつ病の症状が重い時は自殺念慮も出てくるため、同居している家族は患者から目が離せなくなります。本人や家族には大変辛いですが、適切な治療を受けることで症状が緩和してきたり、仕事や学校に復帰できたりする人も多い病気です。一時的に入院をすることで、疲れた心身を癒す効果が期待できます。症状が改善してくると薬の量も減らしてもらえます。