うつ病は入院で解消できる【症状が悪化する前に相談】

婦人
  1. ホーム
  2. 状態によって判断される

状態によって判断される

医者

家族の意向もある

うつ病患者の多くは会社を休み、自宅で安静に過ごすことが多いものです。しかし、状態によっては入院することもあります。もちろん、この判断は主治医によるものですが、場合によってはうつ病患者の家族の意向によることもあります。例えば、患者が自傷行為をしてしまったり、世話をしている家族の言うことを聞いてくれなかったりする場合です。家族も一日中、当人を監視するわけにもいかないことから、やむを得ない事情の場合には入院して治療した方がいいこともあります。主治医とよく相談した上で決めましょう。もちろん、入院生活は一時的なこともあります。うつ病は症状が重くなったり、軽くなったりすることがあるからです。特に重くなっている時には様々な症状が出やすいため、通院よりも入院の方が適切な治療を行えることもあるのです。ただし、通院している精神科や心療内科に入院設備がない場合には、設備の整った別の病院を選択することになります。いつもとは違う医師が担当することになるかもしれません。このような環境の変化がかえって症状を重たくしてしまうこともあるため、患者の状態を見て適切な判断をしてくれる医師の存在が重要となってきます。それから、うつ病と別の病気を発症しているといった場合にも入院することがあります。それぞれの治療のためには通院よりも入院して、じっくりと治療を行った方が適切なこともあるからです。うつ病は様々な病気によって発症することも多いため、まずは持病を完治させることを目的とする主治医も居ます。持病が完治すれば、自ずとうつ病も良い方向へと進んでいくと期待できるからです。このように、入院理由はいろいろ考えられます。もちろん、費用はケガや病気などの一般的なものと同じです。ただし、長引けば長引くほど費用がかかるため、この点も主治医とあらかじめ相談しておきましょう。それに、ずっと病院に居ることで体を動かせず、落ち込みが激しくなってしまうことも考えられます。当然、専門的なところに入院することがポイントです。よって、病院選びも重要となってきます。