煩わしいストレスから離れて心身を癒す【うつ病が悪化する前に相談】

婦人
  1. ホーム
  2. 誰しもが罹る現代病

誰しもが罹る現代病

病院

信頼関係とストレス回避

ストレスが多い現代社会で、うつ病患者は年々増えづけており、誰しもが罹る可能性がある、身近な病気となっています。うつ病はこころの病と思われがちですが、脳内で分泌されるホルモンの影響や自律神経の異常などが原因であることが多く、心療内科や精神科で治療する必要があります。また、精神状態に症状が表れるだけでなく、睡眠不足や食欲不振、めまいといった、からだの症状が表れることが多いのも特徴です。ストレスで体調に不調を感じた時は、うつ病を疑い、自分は大丈夫と安易に考えずに、病院に行って診てもらうことが大切です。うつ病の治療には、抗うつ剤を処方してもらって、自宅でいつもと変わらない環境で過ごす方法が主流ですが、重症になった場合は入院が必要です。特に、うつ病の症状が進行して、自傷行為を行ったり自殺願望をほのめかしたりするような患者は、入院して24時間監視することも必要な場合があります。最初は、うつ病患者を病院に連れていくこと事態が大変ですが、入院の際、最も注意すべきことは嘘をついて病院に連れていかないことです。うつ病になった人は、自分は大丈夫だとか、入院なんてとんでもないと考えている人が多く、患者を治療に向き合わせることは大変困難な作業です。しかし、ちょっと散歩に行こうなどと嘘をついて病院に連れてきて、そのまま入院させても、患者は「騙された」と感じ誰も信じられなくなってしまいます。うつ病の治療で最も大切なことは、患者と家族、または医療スタッフが信頼関係を築き、安心できる環境の中でうつの症状を抑えていくことです。そのため、入院させる際は、少し体調が悪いから、先生のところでしっかり治そうと、正直に伝えてあげることが大切です。患者を入院させる際、一番に気を遣わなければならないのが、患者がリラックスできる状態を保つということです。例えば、仕事のストレスが原因でうつ病を発症した患者には、仕事関係のものに触れることは禁物で、入院時の持ち物には細心の注意を払う必要があります。また、人間関係のストレスが原因の場合は、その環境を感じさせないようにすることが大切で、逆に、お気に入りの持ち物を用意するとリラックスできます。入院時には、歯ブラシや洋服などたくさんの日用品を持ち込むことになりますが、医師の指示を聞いて、患者が安心して治療に臨めるような環境を作ることが大切です。