うつ病は入院で解消できる【症状が悪化する前に相談】

うつ病は入院が必要な場合もあります

規則正しい生活を送れます

ハート

うつ病は通院による治療が可能ですが、気分の落ち込みが激しい時や、外出が出来ないほど重症な時は、入院による治療は大変有効です。一時的に環境を変えて、煩わしい人間関係やストレスから離れることで心身を癒す効果があります。

患者数が増えている精神病

看護師

治療方法の選択肢

うつ病は、近年その患者数を増やしていると言われている深刻な精神病の一つです。うつ病の悪化によって自ら命を絶ってしまうという人も増えてきており、社会としても深刻にとらえるべきという声が高まってきました。うつ病の特徴は、その症状にあります。良くみられる症状としては、慢性的な疲労感、絶望感、倦怠感などがあげられます。何もする気がおきず、仕事や家事を行おうとすると体が拒否反応をおこして布団から一切出られなくなる、ということもあります。これに加え、睡眠障害、摂食障害、頭痛、体のだるさ、吐き気、めまいなどの身体的症状が現れる場合もあります。上記のような精神的症状に加えこのような症状が現れると、日常生活を普通に送れなくなってしまうことも、少なくありません。このようなうつ病の原因は、主にストレスとされています。転職や失恋、転校、受験、介護など、様々な人生の転機において、人間関係の構築がうまくいかない、仕事がうまくいかない、などの様々なストレスから、心が徐々にむしばまれて発症してしまうことがほとんどです。通常、人はストレスと向き合い発散するすべを持っています。真面目で責任感が強く、人に迷惑をかけられないという人ほど、うまくストレスを発散出来ず一人で悩みを抱え、発症してしまいやすいと言われています。通常、治療は抗うつ剤やカウンセリングを通して行われますが、症状が重い場合には入院という措置をとる場合もあります。精神病棟への入院ということに不安感を感じる人も多いですが、入院する患者は実は少なくありません。近年患者数も増えてきたことがあり、様々な支援団体やサポートセンターなどが充実してきており、入院中のケアや入院終了後のケアがしっかりとなされているという現実もあるため、安心して入院出来ます。いったん社会から離れて入院生活を送ることで、心が落ちついて回復が早くなるということも多いため、入院という方法も前向きに考えましょう。入院中に、考える時間が豊富にあるため、自分と向き合い考えを変えていくということも期待出来ます。うつ病を完治させるために、ストレスと向き合い、入院治療に切り替えるという決断も時にとても重要なのです。

状態によって判断される

医者

うつ病は入院するくらい程度が重たくなることもあります。また、家族の意向から入院を余儀なくされることも少なくありません。特に、自傷行為があるなど、家族が面倒を見ることができない場合はこのような選択をすることがあります。

ストレス社会における病気

相談

うつ病か進行し、栄養管理や監視などで入院が必要だと診断された場合は、医師の指示に従うことが大切です。入院中、リラックスできるような服や日用品を準備し、ストレスの原因になるような物や自傷行為の道具になる物は持ち込まないように注意が必要です。

專門院を選ぼう

男の人

うつ病患者でも入院することがあります。それは症状が重い場合です。特に、自傷行為や自殺行為があると、家族が面倒を見ることができにくいため、入院した方が効率的なこともあります。ただし、費用がかかるため主治医とよく相談しましょう。

誰しもが罹る現代病

病院

うつ病が進行すると、自傷行為や自殺に発展する場合があり、そのような時は入院して治療することが必要です。入院させる際は、嘘をついて病院に連れて行くことは厳禁で、ストレスの原因を感じさせるような持ち物を持たせないように気を付ける必要があります